ロバートキヨサキ氏は、なぜMLMを評価したのか??

MLMの報酬の基本

MLMの報酬は、自分の紹介で商品を買ってくれる人を増やすことで、発生します。

私の使っている商品はこんなに素晴らしい商品です。だからあなたも使ってみませんか?

というスタンスで、自分が愛用しているものをオススメし、他の人が買うようになってくれ、売上が増えることで、会社としては広告費が浮きます。

そして会社の方から、「あなたのおかげで高い高い広告費が浮きました。広告費よりは安いけれども、宣伝費として、あなたに報酬をお支払いします。」ということになり、ボーナスと呼ばれる報酬を受け取れるようになるのです。

 

MLMは21世紀型の新しいビジネス‼︎ by ロバートキヨサキ

かのロバートキヨサキ氏がMLMを、21世紀型の新しいビジネスとして絶賛したことは有名です。

ロバートキヨサキ氏は、「金持ち父さん、貧乏父さん」の著書で有名な投資家ですね。

しかし、MLMが素晴らしいビジネスであるならば、なぜこんなにも悪評が立ってしまうのでしょう??

それを考えるためには、ロバートキヨサキ氏が、なぜMLMを高く評価したのかを知る必要があります。

 

ロバートキヨサキ氏は、MLMの何を評価したのか?

MLMは会員になることで、そのMLM企業の製品を広め、会員を増やして、報酬を得るというビジネスモデルであることは、先ほども説明しました。

会員になればビジネスができる。

ということは、参入障壁が低い、ということです。
つまり、ハードルが低いので、素人でも、年齢などの条件を満たしていれば誰でも始められます。

この、素人でも始められる、という点が、ロバートキヨサキ氏のMLMに対する高評価につながる部分でもあり、同時にMLMの悪評にもつながってしまう部分なのです。

 

素人でも始められるビジネスとしてMLMが評価されたのはなぜか

MLMは素人でも始められますが、素人ならば勉強をしなければなりません。

なんの知識もないままに、ものを売ることはできないですよね。

  • 製品やMLM企業の勉強であったり、
  • 営業手法であったり、
  • トークの仕方、
  • 消費者心理など

参加するMLM企業によってどのようなプログラムが用意されているか、が異なります。

定期的に会場を設けて勉強会を開いているところもあれば、ニュースキンのようにオンラインでの研修ができるよう、システムが出来上がっているところもあります。このシステムはニュースキンユニバーシティと言います。

エルセラーン化粧品は、エルセラーントリップという研修旅行を企画しています。修学旅行みたいで楽しいですよね。

MLM企業が企画していなくとも、各地にあるグループ規模での勉強会や説明会が催されていることがあるで、そういったものに参加していくことも、一つの方法です。

つまり、
全くのビジネス素人であっても、
MLMに参加することで、企業研修レベルの勉強をすることができ、さらに実践を通してビジネスを学ぶことができる

この点を、ロバートキヨサキ氏は高く評価したのです。

MLMを通して学んだビジネススキルを使って、新たなビジネスを始めることも、可能です。

個人に可能性と機会を与えてくれるのがMLMだ、といいう考えかたです。

 

素晴らしい可能性を秘めたMLMが倦厭されてしまうわけ。

素晴らしい可能性を秘めたMLMですが、なぜ倦厭されてしまうのでしょうか。

MLMは multi network marketing の略ですが、日本語では最初はマルチ、と呼ばれていました。

しかし、この仕組みを悪用した悪徳商法が流行ってしまったために、マルチという言葉は日本では悪いイメージの言葉として定着してしまいました。

そこで新しく出てきたのが、ネットワークビジネス、という言葉です。
つまりMLMとネットワークビジネスは全く同じことを指しています。ちなみに、ネットビジネスとネットワークビジネスは、別なものです。

MLMが倦厭されてしまう理由の一つは、悪徳商法のせいで広まったイメージの悪さです。

そして、もうひとつが、現在進行形で進んでいる問題だと、私は考えています。

 

それは、まさに、「素人がビジネスをするから」です。

MLM企業や、各種グループで、勉強会やミーティングは開かれているのが普通です。

しかし、その勉強会の質も様々であり、さらにいうと指導方法が洗練されていなかったりすると適切なフォローができず、会員が間違った営業方法で営業し、クレームにつながってしまうこともあります。

ひどいと、法に抵触するようなことをし、それが行政処分につながる可能性もあります。そうなれば、記録に残り、かつ、他のメンバーにもひどく迷惑をかけてしまうでしょう。

このように、

  • システムが整っていなかったり、
  • 個人でビジネスをしている、という自覚が足りず無責任な行動をとってしまう人がいる

という理由で、クレームやトラブルが発生し、ネガティブな話が広まってしまうことがあるのです。

 

MLMを気持ちよく続けていくためにできること。

ビジネスをしている、という自覚を持つこと

当然ですが、遊びでも趣味でもなく、ビジネスです。カッコつける必要はありませんが、責任感を持って取り組むことが大事です。

 

法律も含め、きちんと勉強をすること

知らないことに対して責任を持つのは難しいでしょう。
ですから、特商法や、薬事法などに関連することは最低限理解しないといけません。

あまりがんじがらめにされてしまうと柔軟な発想の邪魔になるかもしれませんが、アップの方から注意などをされた場合は、きちんと対応するようにしましょう。

そのくらいの姿勢がちょうど良いと思います。

 

確かな情報もないのに、このくらいは大丈夫、などどいうアップの方がいたら、それはただの無責任な人です。

そういう人は反面教師にし、自分で責任を持って調べるようにしましょう。

まれに大物であれば、超法規的存在なのか???というような言動をする方もいますが、そういう人が住んでいる世界が違うので、自分に引き寄せて考えたら怪我をしかねませんので、安易に真似するのはオススメしません…。

 

真っ当すぎるかもしれないけれど、ひとりひとりの取り組みが、MLMのイメージを変えることにつながります。

 

人生を変える選択肢を多く持つために、自立した人間として、思いやりを持って行動していれば、トラブルやクラームには繋がらないはずです。

私はそんな風にビジネスをやっていけたら良いな、と思っています。

Related Entry

ネット通販やフリマにニュースキン製品が出ているのはなぜ?

お金がない!稼ぐ?それとも●●に飛びつく??

MLM勧誘のABC~最強?それとも、もう古い?

ネットでお金稼ぎする方法はたくさんある!それらで成功するのに...

そもそもMLMとは?

MLMにおける買い込みって何?企業が悪いのではない、という意...