ニュースキンネットビジネスを思いついた時の話

会社経営をしているニューさんに、副業として考えた口コミサイトで収益を上げる方法についてアドバイスを頂こうと思い、連絡を取りました。そして、ニュースキンのプリファードカスタマーに登録することになりました。
その詳しい経緯はこちら

ニューさんの会社の事業も紹介していただき、さらに今回は私の口コミサイトの構想について、アドバイスを頂けるということでしたので、私はとても楽しみにしていました。

そのため私は

  • ニューさんはまたニュースキンの話をするのかな?
  • どういう方向であれ色々と勉強になることがあるに違いない

という、二つの気持ちが入り混じってワクワクしていました。

ニュースキンのニューさんから、ハンドローションを頂く。

この日は、私の方が先に喫茶店に到着しました。時間通りにやってきたニューさんは、挨拶をしたあとコーヒーを注文しました。

そして、私にニュースキンハンドローションという製品を一本、くれたのです。目高さんが言っていたハンドクリームとはこれのことか!と思いました。

きっとニューさんはやり手の営業マンになれるに違いないと思いました。

私が手荒れに悩んでいることを知っていたニューさんは私にニュースキンのハンドローションをくれたのでしょう。

初めて目にするニュースキンの製品だったので、

「使って見てもいいですか?」と私
「どうぞ」

開けると、いい香りの白く柔らかいテクスチャーのクリームが出てきました。

「いい匂いのクリームですね!」と思わず言ってしまった私。
「クリームじゃないんです、伸ばさず、押し込むようにしてぬってください」と使い方のアドバイスまでしてくださるニューさん!
香りと、塗った後ベタベタしないところが気に入りました。

 

自立支援のビジネスについて。他にも支援している人が!

そして、ニューさんがいうところの自立支援ビジネスの話に移りました。

ニューさんは、先程まで別のビジネスの打合せをしていたと言いました。私の他にももうひとり、コンサルをしている人がいて、その方と会っていたとのこと。

忙しく活躍しているんだな、と感じました。

「僕は実業家だから、僕のエネルギーを見てモチベーションを保ってもらうために、その人とは週1ペースで会って色々話しているんです」

私ともこのくらいのペースで面会していただけるのであれば、頼もしいな、と感じました。モチベーションを保つのに、週にいちど報告する相手がいる、というのはいいことです。

因みに、もうひとりの 自立支援をしてもらっている人とは、ジッポの専門店を出そうとしているらしく、店舗の立地についてなどニューさんが色々とアドバイスをしているのだそうです。

今度こそ、ニューさんのアドバイスが聴ける…?

「それで、ウェブサイトの方はどういう感じなんですか?」ニューさんが本題に入ってくれました。

わたしはかいつまんで、もう一度ウェブサイトの構想をお話しました。

「なるほどなるほど。」とニューさん。

さらに、

「どういうスケジュールで勧めていく感じですかね??」と聞いてくれました。

私は、いくつかのネットビジネスの情報商材で勉強していたので、そのうちで使おうと思っていた教材をベースにした、作業予定を説明しました。

それは大雑把にいうと、このくらいのペースで作業を進めていけば、数ヶ月経ったら本業に関するフリーランスの仕事と併せて20〜30万円の利益が上がるようになるので、その後に仕事を辞める。というものでした。

「いいですね!じゃあ、僕の方の事業にも参加してもらったら、収入があがるスピードも上がりますから、自由な時間ができたら、資産形成に使う時間も増やすというのが良さそうですね‼︎ 」

ニューさんは私の「会社を辞める」という目標にフォーカスして、促進剤となるよう、ご自分のビジネスをお勧めしてくれているのがわかりました。

ニューさんの活躍ぶりが気になった私は、いくつか質問をしてみることにしました。

Q ほかには、どういった方の自立支援をしてるんですか?

ジッポの専門店を出したいという人がいますね。

Q ジッポの専門店の他には?

今は、その方だけですね。将来的にはもっと広げて行き、ジッポのお店の方とも次のお店を出したいね、なんて話をしています。

Q ウェブにはお詳しいですか?

実はあまり詳しくはないんです。iPadとスマホで用が済んでしまうんですよね。

 

ニューさんは自立支援ビジネスの成功例はまだお持ちではないようでしたが、成功に向けて邁進している方特有の、エネルギーを発していました。

私は、ニューさんは今後ももっと成功を掴んでいくんだろうな、と思いました。

このように頼もしいニューさんでしたが、ここまでお話を伺い、私は少し疑問や不安が浮かんできていました。

  • 週に一度の面会というのはリアルで行うには、時間的に負担がある。
  • ニューさんはウェブにはお詳しくはないとのこと。あくまでリアルのビジネスが専門。
  • ニューさんの事業の時間と自分の仕事のバランスが難しそう。キャパオーバーになると本末転倒。

ちょっと心配だ…。
そう思い始めた私でした。
しかし、
頭の中でもうひとりの私が「待て待て」と言いました。

ネットでニュースキンの集客すればいいのでは??

ぱちん!とネット集客することを思いついたのです。
そこですかさず私はニューさんに聞きました。

「インターネットでニュースキンできないんですかね?」
「僕はネットではやってないですね」
「規則とかの関係で、できないんですか?」
「そういうことではないですよ!」

ニューさんは、ニュースキンビジネスサポートに電話してみるのが良いだろうといい、さらにニュースキンの概要書面などの資料も貸してくださいました。

「自分で調べてみます!」
次の日から、私の下調べが始まります。

続きはこちら

Related Entry

ニュースキン製品の体験会 後半 ガルバニックスパと化粧水

ビジネスの勉強!ニュースキンビジネスのニューさんに再び連絡を...

ニュースキンの会員を辞めた時の手続き

えっ?私、ニュースキンビジネスができない…?

ニュースキンの会員番号を取得することになった話

ビジネスを始めるのにセミナーは必要かな?ディストリビューター...